Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

きっと世界は僕らが思っているよりも少しだけ優しくて、想像もつかないほどに残酷だ

相変わらず何の意味もないタイトル。

久しぶりに本を読んだので本について書こうと思う。

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

僕が貪るように読んでしまうカテゴリーの本がある。例えば、高校生とか大学生のくせに妙に難しい恋愛をしやがる本、どこまでもどこまでも情けない男の本、めちゃくちゃセックスする本、逆に全くセックスしない本、などなど。

この本の場合、何に該当したかといえば「男が昔の女を思い出す本」だ。

本屋で立ち読みをしていたら気がついたらひとつの節を読み終えていた。もしかしたら未来の自分もこうなるのかもしれない、そう直感してそのままレジに持っていった。

僕に影響を与えた人、といえば誰が思い浮かぶだろう。仕事に繋がる影響を受けたのはあの人とか、読書の趣味はあの人の影響を受けているかもなとか、少し考える。でもそれはあくまでも微細な影響で、自分がそちらに傾いていたのを背中を押してもらっただけにすぎない気がする。一方で、自分が「変わった」ときは、やはり側に誰か*1がいた気がする。

そんな自分の過去を投影しつつ、知りもしない90年代の空気に軽い憧憬を覚えつつページを繰る手は止まらなかった。そんなに長くないしすぐ読めてしまった。

きっとタイムマシンがあっても、ボクらは幸せになり損ねるんだ、そんな風に言われた気がした。

*1:女性