読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

何もしない日

お知らせ

今日もまた当たり前のことを書いていこうと思うが、その前に少しだけお知らせを書く。

はてなブログ Pro に再登録した。今回は 2 年間だ。2 年後もブログやっているかは知らないが、深くは考えずに登録をした。広告とキーワードリンク、フッタ−の非表示くらいしかしていないが。

インターネットは商業的になりすぎた。今目につくブログのほとんどは基本的にお金稼ぎのためにやっているブログが多い。かつてはコミュニティベースで純粋に好きだからという気持ちで提供されていたコンテンツが、広告収入や PV 数を稼ぐための個人が書いている。それも全然違う人が書いているはずなのに、似たような見た目で、似たような文体で、似たようなテンションで。

それが悪いというわけではない。そういう時代なのだろう。おかげでとても画一的でつまらなくなったのは否めないが、かくいう僕も結構面白いゲームを探したり必要なアプリを探するのに活用していたりするし。

このブログはそんな文化に抵抗するためにやっているわけでは全く無い。かつて高校時代くらいまでに僕が見ていたインターネットが今更栄華を取り戻すとは思えないし、仮に戻ったところでかつてのようには楽しめないだろう。

僕がこのブログを書いているのは、僕にとっては居心地のいい空間をつくりたいだけだ。自分が作るページくらい、お金の匂いがせず、書きたいことを書き、面白かったものを面白いといい、くだらないことも真面目なことも書いていく。「管理人」の手で。そんな僕が僕であった証を残すための空間にしたいだけだ。

だから、僕はそのために僕がお金を払うことはあれど、このページを見てくださるみなさんにお金を払わせるようなこと、広告を見せるようなことは早くやめたいと思っていた。目的をより安価に達成することを思えば、静的サイトジェネレータなどに移行するべきだったかもしれないし実際に考えたが、僕がはてなにお金を払ったほうが色々な点で楽そうだったのでそうした。それにこのブログは移行するには少し過去記事が多すぎるのだ(290記事ほどあるはずだ)。

そんなわけで、今後ともこのブログと「管理人」 515ひかるをよろしくお願いします。

何もしないことをする

これを書いている今日1は何もしなかった。仕事は無断欠勤ではなく、土日に出勤していた分の代休である。休みというと何かをしたくなる、あるいは何もないのに休むのは忍びないなどと言う人もいるが、何もしないこともたまには必要なのだろう。

何も理由はないけど休みたい、これが叶わない会社では働きたくないものだ。

インプットとアウトプット

基本的に何かをアウトプットするにはインプットをする必要がある。最近の僕が毎日のようにブログを更新できているのはストレスの供給源がたくさんあるので2、それに対して直接文句を言うのではなく全然違う形にして昇華しているに過ぎない。

いい作品を作る人の中にはそもそもいい作品を読んだ経験がそれなりにあるものだ。いい文章を書ける人はきっといい文章を読んでいるのだろうし、音楽を日常的に聞かない作曲家はきっと居ないだろう。全サンプルをとったわけではないが。

ブログに文章を書くというのも、それなりに何かがないと書こうとは思えないものだ。今日の僕は何かを書こうと思わなかったし、無理やり書こうと思ったけど失敗してひとつ没になった。ストレスがない 1 日だったことの証明だと思って安堵している。

仕事から離れ、ゲームなり食事なり買い物なり何かしらをして遊ぶ 1 日、そういう時間はたとえどんな大人になろうが絶対に必要で、そういう自由のない生活は僕には考えられない。きっとそんな状況下では僕は仕事もできなくなってしまうだろう。仕事も一種のアウトプットだし、休日に近所の気になるお店に行ってみることとか、少し遠出をして映画を見ることなどが一見ただの娯楽でいるようで、仕事に好影響を及ぼすこともあるのではないかと思う。

よい仕事はよい休日から、そう思う。

Footnotes

1 3/7 火曜日のことである。

2 仕事のことである。