Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

携帯をなくしたので機種変更したら端末が増えた

コトのあらまし

土曜日の夜から日付が変わるころまで飲み続けていた。どれだけ飲んだのかよく覚えていないのだが、ものすごく飲んだことだけはよくわかる。さすがの僕も反省するほどには飲んだ。

どうしてこれほどまでに飲んでしまったのかを反省するのはこのブログ記事の目的ではなく、僕がここに書きたいのは飲み過ぎたせいで携帯をなくしてしまった話、である。

まず、断っておくが僕は超がつくほどの小心者で、財布はカバンやポッケの中にあると 5 分おきくらいに存在を確認してしまう。あまりにも頻繁かつ定期的に確認するので、 cron で設定したんじゃないかと思うことがある(ない)。だから携帯電話を落としたことも今までなかった*1。だから携帯を落とした時にとりあえずどうすればいいのかわからなかったので、仕方なくソフトバンクへ行った。

誤算

まず、僕は Nexus 6P という端末を端末代を 1 円も払わないで手に入れている。もちろん、合法的にキャンペーンで契約したのである。

当時は学生だったこともあり、本体代はかからずしかもそれなりの割引が効いている状態で契約をし、月々の支払いが 1 万円を行くことは相当量の通話をしないとないという料金であった。僕も一切不満がなかった。

しかし、これは一年前の自分の落ち度なのだが、この契約は 「Nexus 6P を 2 年間契約する」ことが前提のキャンペーンであり、それに違反した場合違約金が生じることとなる。僕はてっきり、「ソフトバンクを解約した場合」だと思っていたのだが、機種変更でもこの契約ではアウトなのである。しかもまだ一年経っていなかったので、違約金もそれなりに高い(3万弱くらいだったと思う)。

故障なら修理代のほうが安いといった逃げ道があるんのだが、いかんせんこちらは紛失である。そして失くしたと思われるお店には届いていない。電話をかけても電源が切れているのかつながらない。誰かに盗まれている可能性もあった。

さらに悪いことに、買い直しは在庫がほとんどないので実質不可能、携帯を今日から使うためには違約金を払うしかないと言われた。携帯電話って本当にヤクザな商売だなと思う。まぁこれはショップに行くたびに思っているのだが。

ということで、僕は携帯を紛失してしまったばっかりに違約金を払うことになってしまった。トホホ。。。予定外の出費だよ。。。

ショップでのやりとり

ということで、店員さんも不憫に思ってくれたのか、なんかいろいろと気を利かせてくれた。少なくとも僕は違約したくて違約したわけではないのに違約金を払うことになったのである。ソフトバンクを解約したくなったわけでも、Nexus 6Pを意図的に破壊したわけでも、気に入らなくなってどうしても iPhone に機種変更したいわけでもないのだ。なのに違約金を払わなくてはならない僕に、おっぱいが大きいショップの店員さんが気を利かせてくれるのを堪能しても神様はきっと許してくれるだろう。

しかし、だ。結局は気を利かせてくれるとは言っても、ソフトバンクのショップの人間として気を利かせてくれるのである。そして前述のように、ソフトバンクという会社はかなりきわどいヤクザな会社だ。僕はよく知っている。知っているけど契約し続けている。これをきっと惰性というのだろう。

僕は今日 3 回くらい「なぜかこれをつけたほうが安くなるんですね」と確認をした。例えば、データ定額の容量が 5GB から 20 GB にさせられていたし、なんか頼んでもないのにタブレットをくれたのだ。

こうして僕は端末をひとつなくし、 iPhone SE に機種変更した結果、3 年くらいソフトバンクと契約するという仮定のもとで実質無料で Androidタブレットを手に入れた。ほしいと一言も言った覚えはないのに。

まぁ Android の使い勝手にも慣れきったころに iPhone に戻ったので案外操作に手間取っていたりするので、 Android タブレットが手に入ったのは嬉しい誤算といえば嬉しい誤算なのだが、欲しくもないのに手に入るというのは不思議な感じがする。

ついでに、電気代をソフトバンクに払うことになった。なるほどもっとわからん。さらになんかコンセントにつなげるだけのルーターの契約もした。これは実際今のネット環境が速いというわけでもないので、まぁいいかと思っている。

しかし、ソフトバンクと契約するときは本当に注意が必要だ。彼らは意図しているのかしていないのか知らないが、何も考えないで話を聞いていると全く理解できない上に、なんか得するらしいという認識だけで契約してしまう。

どういう条件下で解約をすると違約金が発生するのかなどをきちんと抑えたほうが良い。まぁ、一年前の僕はちゃんと認識できてなかったんですけどね!!!!!

結論

ざっくりと言えば、

  • 携帯を失くした
  • 契約がアレだったので違約金を払うことになった
  • iPhone に機種変したらおまけで Android Tablet を手に入れた
  • 携帯に限らないインフラがソフトバンクに統合された
  • 携帯ショップでは疑問に思ったことは遠慮なく聞こうな
  • 2 時間はかかったと思うけど、店員さんの対応がそこまで嫌ではなかったので許した

僕はきっと損しているんだと思う。どうせ違約金を払うのであれば乗り換えたほうが安かった可能性がある。

でもまぁ、そういうのを考えだすと本当に面倒だし、金で解決できることは金で解決したほうがいい。それになにより、店員さんのことを少し気に入ってしまったのだ。それが運の尽きだ。いくらソフトバンクという会社を憎めても、目の前に居る人間までも憎むのは、僕には無理だったのだ。

*1:財布は現在も記録を保持しているが、この調子だと近いうちに失敗するかもしれない。