Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

ダークプレイス

みてから時間が空いてしまったけど簡単に書きたい.

hikaru515.hatenablog.com

あらすじ

28 年前, デイ一家惨殺事件が発生した. リビー・デイはその事件の発生ののち, 家から逃げ死を免れる. 逮捕されたのはリビーの兄, ベン・デイ. リビーが殺害の瞬間をみたと証言したのだ. リビーは募金や自伝の出版などでほとんど仕事もせずに生きてきたが, 28 年たちとうとうそれも底をついてしまう. そんな中, ベンは犯人ではないと主張する団体がリビーに接触し, 死刑の執行待ちになっているベンの保釈のために協力してくれないかと言う. 最初は金のために協力したリビーだったが, ベンと出会い当時知らなかった兄や母, 姉たちの行動を思い出すに連れ, 彼女がついた嘘の意味と, 彼女が見ようとしなかった真相に近づいていく……

感想

箇条書き.

  • 登場人物がほとんどいない. 28 年前と現在の対比を繰り返す.
  • この辺事前知識を持ってからみたほうがもっとわかったかも. 特に悪魔崇拝に関する部分は何を言っているのだかよくわからなかった.
  • 全体的にあまり怖くはない. サスペンスだけど.
  • 物語は最後まで「その日何があったのか」に集約されるので, その意味ではわかりやすいストーリーかもしれない.
  • 結末は僕には消化できなかった.

以上. 時間も経っているし今回は簡素に.

結末を知っているとほとんどこの物語は書けることがないので, もし興味があればご鑑賞ください.

では.