読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

最後のマイ・ウェイ

"My Way"

みなさんはこの曲を聴いたことがあるだろうか. なお私はこの映画を見るまでこの曲を知らなかった. フランク・シナトラの名前も聴いたことがない, "My Way" と言われても 「マイ・ウェイ」 と言われても曲を知らない. 劇中で流れても「聴いたことあるかもしれない」 程度のものだった.

そんな私が何故かこの映画 (フランス映画!) をみて感想を書こうなどと思っている. そしてあなたは今それを読んでいる. 21 世紀という感じがする.

今この記事を書き始めているのはスタッフロールが流しながらの午前 3 時前である. 感想を書こうとこの時間で思い立っているだけでもう分かるであろうが, 高評価だ. そもそも私はこういうミュージシャンのドキュメンタリーのような映画に弱い. 昨年クリント・イーストウッド監督作品の Jersey Boys も文句なしと言っていた男である.

話がそれた. この感想文はせっかくなので (この映画の主人公が歌っているわけではないが) "My Way" を聴きながら読んでいただこう.


My Way-Frank Sinatra - YouTube

なお, 今回は眠いのでという非情にわがままな事情であるが, キャスト名は省略させていただく.

あらすじ

1960年代から1970年代にかけて, フランスで絶大な人気を誇ったポップスター, クロード・フランソワの 39 年の生涯を描いた作品である. 幼少期, エジプトのスエズ運河を管理する公務員だった父親のもと, エジプトで裕福な暮らしをしていたクロードであったが, エジプトでの革命をきっかけに没落. フランスで貧乏暮らしを余儀なくされた. 少しでも金を稼ぐためモンテカルロの楽団員になるクロードは頭角を表し, 苦労を重ねながらも 1962 年, 大ヒットしスターへの階段を駆け上がる. しかし, 同時にクロード自身は傲慢になり, また自身の女癖の悪さ, 母の金グセの悪さなどトラブルが耐えず, 倒錯した人生を歩んでいく…

感想

初めてのフランス映画

まず私はセリフとはいえフランス語を話している人を初めて見たと言っても過言ではないと思う. それが妙に新鮮だった. 映画の評価とはあまり関係ないが. しかしこの映画はフランス人にしか作れなかったと思う. これといったシーンはないがなんとなく自国愛を感じた.

複雑で数奇だが混乱しないストーリー

この映画は結構難しい. 何が難しいかというと登場人物が結構多く, 人間関係がなかなか複雑だ. 特に女性. 主人公の妻と呼べる人は作中に 3 人出てくるし, 姉, 母も最後まで主要な人物だ. さらには会社を変えたりするときに立場が変わったりする. なかなか難しい. 特に東洋人の私には西洋人の顔をしっかり見分けるのが難しい.

しかし, 脚本がしっかりしているのかなんなのか, ストーリーで混乱することはなかった. これは結構不思議なことだと思う. 適度にわからせる工夫がなされていたのかもしれない. そこまでは気付けなかったが……

この男: クロード・フランソワ

おそらくだが, この男に最初から最後まで好感を持って映画を見ることは不可能だと思う. 富と名声を得てからの傲慢っぷりは目に余るし, 贅沢の中の贅沢の中の贅沢を作中で何度もしている. 家は 2 軒あるだのなんだの, 浮気はするは心は狭いはなかなか酷い. しかし不思議なことに, 映画を見終えると, なぜかこんな男でも憎みきれないことに気づくのだ. それこそが, この映画が描いたクロードの本質なのかもしれない. つまり, なにか "憎めない奴" なのだ. この映画の魅力はきっと, クロード・フランソワの人生とその人柄に集約されている. そして, 嫌だと思うけれど憎みきれない主人公が, 周りの仲間を巻き込んで人生をかけてゲームをする. そんな映画だ. なのになぜか面白い. 見終わったあと, 何も得ていないのに何かを得た気分になれる. 不思議だ. 本当に不思議だ.

でも彼は本当に "My Way" の通りに生きたんだなぁと……それがいいとは思えないけれど.

どうでもいい補足

美人がかなり多数出演している. クロードのファンというチョイ役でもけっこうかわいい. 姉, 妻 3 人なんかも美人ぞろい. 黒人のかたもバックダンサーとかで美人が居るし, なんか, あの, いい. あとなぜかグラマーな女性のヌード写真を撮るシーンとかもある. そういうの目当てで見るものではないが, 結構そういう部分も個人的には楽しめた. まぁ逆に苦手な人は目を背けるのかもしれないけど……

My Way

この映画を見たのは本当に偶然としかいいようがない. なんで見たのだろうか……そして私は "My Way" を知らないのに, なぜこの映画を好きになってしまえたのだろうか. なんかいろいろと不思議なのは映画を見たのが深夜だからなのかもしれない. それも含めて映画の評価にしてしまおう. もし時間があればみてみてほしい. 理由はわからないが, 私はこの映画が好きだし, この男のことをもう少し知りたくなった. なお, レンタルは TSUTAYA 限定のようなので私のようなレンタル DVD 派の方は注意されたい.

次回の鑑賞作品はまだ決まっていない.

最後のマイ・ウェイ [DVD]

最後のマイ・ウェイ [DVD]