読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

試験期間の終了と今後の展望

試験期間が終わった。

今日で試験が終わった。 こんかいは Fourier 級数、 変換、 緩増加超関数、 Hilbert 空間の基礎、 などのテストが勉強が大変だったのだが、テストが尋常ではなく簡単だったので拍子抜けした。単位落としていないとうれしいなと思うなどしている。
今日の試験は環論。 といってもメインとしては可換環上の加群。 といっても Jordan 標準形を求めたりしたし、 簡単なテンソルの問題があったりした。(テンソルの定義が問題文中に与えられていて拍子抜けした)

まぁふたつしか受験していない。実際にはC言語の講義と特殊な形態のものを履修しているが試験はない。

春休みなのでこれから何をしようかなどと考えている。

四月以降、卒業研究で数論をやることになった。 僕は整数論素数が好きで数学をしている人間ではないのだけれど、 とりあえず専門(のようなもの)がこの一年間は数論になることになるらしい。 実際には研究をやるわけではなくて本読みをするだけなので、 専門と発言するのは気が引ける。

読む本は、 『 A Course in Arithmetic 』( Springer GTM, Jean-Pierre Serre ) を読むことになっている。 教員は数論幾何学の先生である。

それを意識して勉強をしていきたいのだが、はて、何を勉強すればいいのかよくわからない。 とりあえず解析的手法( テキストの p61 ) から読むとのことだった。 しかしそのために何をすればいいかよくわかっていない。 実際に読むのが一番早い気もしている。

とりあえず代数的な側面としては、 後輩と『 可換代数入門 』( Atiyah, Macdonald、新妻弘訳 )を後輩と読むことになった。 正直今更感漂わなくはないが、 知らないことは知らないことなので、 勉強しなければなるまい。

うーむやらないといけないことが多すぎる。( 一年以上前からずっと言っている ) とりあえず今日は早く寝て明日から頑張ろう。